中学受験難易度な学習

中学受験難易度な学習

私の時代には中学受験なんてあまり意識していなかったので選択する事も無く公立の中学校に入学しました。
しかし今では中学受験は当たり前の時代。学校が終わったら塾に行き、塾が終わったら宿題をする。考えた事も無い日常を今の学生達はこなしています。

 

私立の中学校に入る為、小学生中学年から既に受験を視野に置き勉学に励んでいます。
そんなに私立中学の方が良いのでしょうか?そもそも私立と公立の根本的な違いって何なんでしょうか?
そこで調べてみました。
公立中学はみなさんもご存じの通り3年間で学び、高校受験をし、大学進学か就職かの選択があります。私立中学では6年間を通して学び、高校受験は無く、6年の間に大学受験への準備が出来るのです。付属の中学校に入学出来たなら大学までもエスカレーターで入学出来るので、高校受験・大学受験に追われる心配も無くなるのです。

 

この様に文書にしてしまえば簡単な事の様に感じてしまいがちですが、お子さんの人生を左右する大切な中学受験。
難易度の高い勉強が必要な事はお分かりでしょう。いかに学習し吸収していくか、自宅学習では限りがあるでしょう。そうなるとやはり塾に通わせる事が第一となってくるのですね。